italki 学習法 語学 韓国語

italkiってどうなの?実際に使ってみたよ!

更新日:



TOPIK(韓国語能力試験)の勉強をするにあたり、色々新しく試しています。そのうちの一つとして、オンラインで外国語(英語以外も!)レッスンを受けられるサービス、italki(アイトーキー)を使ってみたところ、大変良かったです。今回の記事ではレッスンの流れや質がどうであったか、私の実体験を持って感想を書いてみます。

italki(アイトーキー)とは

italki(アイトーキー)とは、ビデオチャットを使用した外国語のオンラインレッスンが受けられるサービスです。外国語の会話練習をしたい!という方や、オンライン英会話教室などを探している方にぴったりです。 英語や中国語などのメジャー言語から、一般的に知られていないマイナー言語まで扱っている言語が非常に豊富なのが特徴です。

↓↓ 公式サイトはこちら↓↓

Become Fluent in any Language

italkiレッスンに使用するアプリ

レッスンの予約や終了後の手続き等はitalkiアプリ、またはWebサイトで行いますが、授業自体は基本的にスカイプまたはグーグルハングアウトで行います。italkiオリジナルのitalkiクラスルームという機能もあるようなのですが、他の人の感想を見る限り、まだ性能に難があるそうですので、とりあえずスカイプなりハングアウトなりを用意しておいた方が良いと思います。

スマホ用のitalkiアプリは上記のリンクをクリックして、一番上に表示されている「インストール」をタップすればアプリのインストール画面(Google Play ストア等)に飛びますので、後は普通のアプリと同様にインストールするだけです。PCではWebブラウザ上で普通に使えます。

体験レッスンを受けてみた

今回、私が受けてみたのは韓国語の体験レッスン。ハンドルネームがSHINという韓国人男性の先生でした。

レッスン予約を入れた時間になったら先生からビデオ通話が飛んできてレッスンスタートです。

最初はお互い軽く自己紹介。と言っても、先生のプロフィールは既に読んでいるので、主に私の紹介となります。自己紹介で聞かれることは先生にもよりますが、名前、出身国(または住んでる国)、母語、学習言語を勉強している理由、当面の目標(試験、会話、仕事で使う等)、今日の授業でやりたいことの確認などが主だと思います。

事前のメッセージのやり取りは英語でしたが、会話はほとんど韓国語。分からないところだけ英語で言い換えたりしながらなんとかやり取りしていきます。話慣れてないとかなり負荷が大きいので、外国語オンリーが不安な方は最初、日本語が話せる先生を選んでレッスンに慣れておくと良いかと思います(先生の選び方は別記事で詳しく説明しています。

今回は数字のリスニング練習と単位の学習をしたいと希望を伝えてあるので、「先生が数字を単位付きで読む→私がチャットで聞き取ったものを打ち込む」という練習から始めました。

↓音声はもちろん貼れませんが、ログはこんな感じです(青い方が私)

数字の練習がある程度進んだら、今度はいくつかの単位を画像付きで教えてくれました。

上から順に、~枚、(瓶など)~本、~名

その後、先生の提案で新型肺炎の感染者マップを見ながら自分で数字を言ってみる練習をしたりしました。タイムリー。

「感染者数○○名」とか自分で言えると、何だかニュースも分かりそうな気がしてきますね😂

また、グーグルドキュメントでノートも作ってくれました。うーん、ありがたい。

その後、少数やパーセンテージの読み方も練習してレッスン終了時間に。

最後は何か質問がないか聞かれて無事終了。(特に何も聞きませんでしたが、何かあれば聞きましょう)

おかげ様で、30分近くみっちり数字の練習を出来ました。基本全部韓国語で会話したので、途中で意味が分からなくなって混乱したときもありましたが、最終的には全て解決したので、流石はプロの先生と思いました。

まとめ

今回は私の受けた体験レッスンの話を例に挙げました。個人的には授業の質には大満足でしたし、30分だけだったにもかかわらず多くの学びがあったと思います。もちろん復習が欠かせませんが、先生が作ってくれたノートや画像などがあるので、復習もしやすいです。

もちろん、先生によってレッスンスタイルは違います。例えば、今回のSHIN先生は自己紹介動画の中で「レッスン中に出てきた単語をまとめたファイルを生徒毎に作っている」と、今回の記事中でも紹介したノートについて述べています。始めたばかりの頃は何人かの先生の授業を受けてみて、その中で一番気に入った先生の授業を続けて受ければ間違いが無いと思います。

なお、体験レッスンは各先生1回ずつ、トータルで三回しか受けられません(つまり、体験を受けられる先生は3人だけ)。4回目以降は新しい先生を試す場合でも正規料金の支払いとなるようなので、その点だけご注意ください。

興味を持たれた方はとりあえず登録してみてください。登録だけなら無料で、体験レッスンも安い先生を探せば2~5米ドル(220~550円前後)くらいで受けることが出来ます。ちなみに、私が今回受けた体験レッスンは5ドル(約550円)でした。なお、円やドルなどの交換はクレジットカードやPaypalが勝手にやってくれるのであまり気にしなくて大丈夫です。

登録に必要なのは名前(本名ではなく、ハンドルネームでOK)パスワード(自分で決めてOK)メールアドレスか電話番号(フィスブックやWeChatのアカウントでもOK)の3つだけです。

早速登録して先生を探してみましょう。

↓↓公式サイトはこちら↓↓




italkiに新規登録する方法を簡単に解説した記事を書きました。↓↓

先生選びからレッスン後までの流れを詳しく説明した記事もあります↓↓

お役に立てば何よりです。
それでは、また次の記事でお会いしましょう。

-italki, 学習法, 語学, 韓国語
-, , , , ,

Copyright© ホー太郎の語学ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.